2022.06.23株式会社デベロップジャパン・本間智香子さん

UXDセンターは、リビングライフ市場を主戦場とし、DX・デジタルマーケティング領域のパイオニアとなるべく集結した、20社総勢130名が在籍するプロフェッショナル・コンソーシアムです。多種多様なメンバーが集い、それぞれの強みを活かしたサービス・ソリューション開発を行っています。本連載では、UXDセンターで働くメンバーをご紹介します。今回は、「集客」「接客」「追客」を一気通貫で実現するDAMソリューションの営業を担当する本間さんにお話を伺いました。

【UXD member vol.25】株式会社デベロップジャパン・本間智香子さん

まず、簡単に自己紹介をお願いいたします。

新卒で大手家電量販店のノジマに入社しました。新卒が400人以上いる会社だったので、周りに埋もれないためにと入社前に人事部でのアルバイト募集に手を挙げて参加。その経験から、社内の新規事業的な立ち位置であったPC教室事業部からお声がけいただき、約8年間所属しました。スキルもさまざまな社会人にPCの使い方を教えたり、教室を新規で立ち上げたり、小学校でプログラミング教育が必修になってからは子ども向けの事業も手がけました。もともと教育に興味があったので、天職だと感じていましたね。

さまざまな方に向けてPC教室を開くうちに、恵まれない国の人々に対してIT教育を行い、日本で仕事をする機会を与えられないかと思うようになりました。そこで会社が海外に進出したこともあって、新規事業として提案したのですが、結果的には実現できませんでした。他の世界を経験してみたいという思いや、人のためになる仕事がしたいという思いもあって、転職を決意しました。

2社目は、IT人材の紹介事業を手がけるアクセレイ株式会社(現・株式会社デジタルトランスフォーメーション)へ。PC教室事業を手がける中で、単に技術を教えるだけでは、就職につながらないジレンマを感じていたからです。また、新規事業に対して積極的な会社とのことで、自分がやりたいことがどんどんやれるのではと感じました。

私自身も人材の支援を手がける中で、デベロップジャパンを知りました。HCGデジタル化推進チームリーダーの池松さんから体験型内覧を実現するDXソリューション「Air-DAM(エアダム)」をリリースするにあたって人材が必要だと依頼があったのです。「Air-DAM(エアダム)」についてはじめて聞いたとき、なんて素敵な商品なんだと心が踊りました。この仕事に携わりたいと思い、私自身も人材マネジメント要員として稼働。その後、2021年7月にデベロップジャパンに入社しました。


趣味や特技などはありますか?

1年前に鎌倉に移住しました。もともと自然や海が大好きで、人生の中で一度は海の近くに住みたいと思っていたところ、今の物件と巡り合ったんです。東京で働いているのに……という葛藤もありながら、やはり自分の好きな場所で住みたいと移住を決意しました。休みの日でも1人で海に行くことが多いですね。2~3年前から、ヨガ関係の知人の誘いで、サーフィンの初心者向けのSUPを始めました。今年はサーフィンを始める予定です。

鎌倉のおすすめスポットは、材木座の海岸。きれいに夕日が見えるんですよ。ちなみにAir-DAMチームのメンバーに、プライベートで鎌倉を案内したこともあるんです。コロナ禍でしばらくできていないのですが、また再開したいですね。


現在はどのようなお仕事を?

デベロップジャパンの近内さんのもとで、DAMソリューションの営業を担当しています。主にディベロッパーやモデルルームの営業担当者に対して新規営業を行い、契約や導入を進めるのが仕事です。CSチームとも連携しながら、ともに訪問に同行をしたり、お客様の声を聞いたりして、営業の改善を進めています。

「Air-DAM(エアダム)」も「GEO-DAM(ジオダム)」もまだ新しい商品で、この営業方法なら間違いないといった正解はありません。営業をしながら、その都度ブラッシュアップを重ねています。入社してから半年以上になりますが、一度も立ち止まらず、駆け抜けているイメージですね。みんなで「Air-DAM(エアダム)」「GEO-DAM(ジオダム)」を全国に広めるために一緒に考え、前進させていくことが非常に楽しいです。

また、2012年からヨガをはじめているのですが、現在ヨガインストラクターを目指して資格取得中です。ヨガは私にとって、今の自分に正直に生きるために必要なツールです。それを知ることができたのは、今の資格取得の勉強を始めてから。運動するだけではなく、精神面によい影響を与えたり、生活が生きやすくなるようなメソッドが深く根付いていることに惹かれました。この時代、生きづらさを感じている人は非常に多いと思います。ヨガによって、考え方をほぐしてポジティブになれます。私自身も勉強していてよかったと感じるので、その感動をより多くの人たちに伝えられたらと考えています。

【UXD member vol.25】株式会社デベロップジャパン・本間智香子さん

2012年から始めたヨガ、インストラクターを目指して勉強中


UXDセンターにどんな印象を抱いてますか?

前職で携わるようになった当初から、すごく面白い組織だと感じていました。初めてお会いしたときに、高橋社長の力強さや人柄はもちろんのこと、社員の活発な雰囲気に大変心を動かされたことを今でも覚えています。新しいことを進めようと掲げている会社でも、年配の方々が保守的で実現しなかったケースを多く目にしていました。一方、UXDセンターは自分より10歳以上年上の人たちが情熱を持って新しいソリューションを生み出しています。パワフルで魅力的だと感じました。

実際に入ってからも、その印象は変わらないですね。時代を先取りしていて、言葉で掲げるだけでなく実現する能力を持っている人たちが集まっていると感じます。UXDセンターならば、どんなことも実現できそうです。また、自分の会社を持っていたり、自分の力で仕事をしている人も非常に多く、芯が強くて、人間的にも魅力的な方々ばかりなので、私個人としても憧れています。この環境で働けることが本当にありがたいです。

【UXD member vol.25】株式会社デベロップジャパン・本間智香子さん

DAMソリューション営業チームの皆さんと沖縄出張、「Air-DAM(エアダム)」の価値をもっと伝えたい


UXDセンターで今後どんなことに取り組んでいきたいですか?

コロナがある程度落ち着いてきた中、オンラインが必要だと考えている人とやっぱり来場が必要だと考えている人に、二極化していると思います。これからモデルルーム自体を作らない物件も増えていきますし、「Air-DAM(エアダム)」の価値について、どう高めていくかをもっと考えていかねばなりません。特に「Air-DAM(エアダム)」を今後普及させていく上では、「エンドユーザーの心をどれだけ動かすことができるか」も大事なポイントになると思っています。今年は、よりエンドユーザー目線にたった営業方法を考えていきたいと考えています。

デベロップジャパンに出会って、はじめて「Air-DAM(エアダム)」を紹介してもらったときのワクワクは今も忘れられません。良いモノだからこそ、この魅力をもっと広げていけたらと思います。高橋社長はよく「体験を売る」とおっしゃいますが、まさにその通り、体験を伝えていくことで、もっとこの価値を広めていきたいです。

ありがとうございました!

本間智香子 

本間智香子

2011年、家電量販店の株式会社ノジマに入社。新規事業としてPC教室を手がける。2018年に、アクセレイ株式会社(現・株式会社デジタルトランスフォーメーション)に転職。フリーランスのIT人材の紹介事業を担当し、デベロップジャパンの案件も担当する。2021年7月に正社員としてデベロップジャパンに入社。ヨガインストラクターの資格も取得中。

株式会社デベロップジャパン