デベロップジャパンが開発した、オンライン見学システム「Air-DAM」を、UXD KURASHI LAB.のイベントでも活用しています。
実際に体験してくださった方々に、オンラインで一般のお客様とリアルタイムにコミュニケーションをとった感想をお聞きしました。

2021.05.06家の防災を見直そう
~マンションの防災ってどうなってるの?~

,

ゲストスピーカー:
長谷工テクニカルセンター/長谷工マンションミュージアム 館長 江口 均
長谷工コーポレーション 設計部門 商品企画室 室長 五十嵐 直樹
長谷工コミュニティ 技術研修センター 専門役 浅野 幸一

長谷工マンションミュージアム「マンション防災展」とのタイアップ企画として、これまでに起きた地震災害と災害の対応としてのマンションの構造や設備の変化、居住者の実体験の声などを通して、地震に備える知恵やノウハウ、防災のために必要な設備や備品などについて、教えていただきました。通常は現地でのみ参加できるツアーですが、今回は特別にUXD KURASHI LAB.のラボメンバー向けに、オンラインでプライベートツアーを開催していただきました。

家の防災を見直そう~マンションの防災ってどうなってるの?

オンラインでイベントをやってみて、いかがでしたか?

オンラインでご案内するのが初めてでしたので、お客様からどう見えているか?というところを気にしながらお話しました。


コロナ前後で、マンションミュージアムへの来場客に変化はありましたか?

以前は、企業研修や取引先の方に来館していただくことが多かったのですが、現在は来館者数を制限して対応しています。
一般のお客様は、フリーダイヤルで予約できるようになっており、近所のご家族がいらっしゃることが多いです。しかしながら、いずれも感染症の拡大に伴い来館者数は以前に比べて相当減っています。


ミュージアムに来場される方の関心は?

防災について関心の高い方が多いです。
また、若い方だと未来の住宅はどうなるの?という点に関心があり、ご高齢者の方だと、現在お住まいのマンションの改修や建替えについて悩まれて来館されることもあります。


今後も、オンラインでのイベントなどにチャレンジしてみたいですか?

防災展以外のミュージアム内コンテンツも紹介していきたいです。また、各マンションで実施するイベントについても参加者が増えるようなお手伝いをしていきたいと考えています。UXD KURASHI LAB.とのコラボレーションによって、もっと大きな、面白い企画を考えていくこともできるかなと思いました。